HSPとエンパスの違いとは?特徴とラクに生きるための5ステップ

突然ですが、あなたはHSPとエンパスの違いがわかりますか?

 

HSPとエンパス、どちらも感受性が強く繊細という点では同じですが、厳密に言うと定義が異なります。

 

私自身、HSPとエンパスの違いについてネットで調べても納得する区別の仕方がないため、モヤモヤとしておりました。

 

そこで、今回はHSPとエンパスの違いについて解説していきます。また、HSP・エンパスと分かった後、何をどう改善していけばよいかを説明していきます。

 

HSPとエンパス

まず、HSPとは何か?エンパスとは何か?について説明していきます。

HSPとは?

HSPとは、Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略語です。臨床心理学者エレイン・アーロンが1996年に出版した本の中で初めて使用したとされております。


日本では、繊細さんとも呼ばれています。


テレビに書籍と出始めたことでここ数年でブームになっております。

 

私達がいる環境に対する影響の受けやすさ(感受性)は一人一人違います。この感受性の高さの違いを表す性格・気質的特性のことを心理学では「感覚処理感受性」または「環境感受性」と呼びます。


HSPとは、この感受性が特に高い人たちを表しています。

 

人並み以上に感受性が高く、他人なら平気な場所でも不快に感じてしまったり、他人の感情に敏感に反応してしまいます。


日本では、同調圧力が強いため、非HSPの大多数の人にHSPの少数派の人が合わせないといけない世の中のため、そのギャップで生きづらさを感じてしまいます。

エンパスとは?

一方エンパスとは、エンパシー(empathy)とも呼ばれ、直訳すると共感、感情移入という意味です。

 

その意味から、エンパスは共感力の高い人のことを指します。

 

エンパスの起源は、ローズ・ローズトゥリー氏が最初に提唱したという意見がありますが、エンパスは学術的に明確に定義されておりません。

 

そのため、様々なサイトが様々な意味で使われております。特にHSPと混同しているサイトが多いです。

 

HSPとエンパスの違い

前項で説明の通り、HSPとエンパスは、定義が異なります。特にエンパスは定義そのものが定まっておりません。

 

あえて分けるとすると、HSPは科学的な理論で説明が出来る特徴なのに対し、エンパスは科学的には説明できないスピリチュアル要素が高いことです。

 

周囲の環境や相手の感情に加えて、相手のオーラなどのスピリチュアルなエネルギーにも反応する力が強いことが特徴です。

HSP・エンパスの人の特徴

次にHSPとエンパスの人の特徴について解説していきます。

HSPの場合

基本的にこの4つの特徴があります。

  • 物事を深く考える(Depth of processing)
    外食でメニューを選ぶのに考え込んでしまう。
    調べ物をするといつの間にかのめり込んでしまう。
    1つの事を決断するのに様々なシチュエーションを考えてしまう。

 

  • 過剰な刺激を受けやすい(Overstimulation)
    人混みに入ると疲れてしまう。
    大きな音が苦手。小さな音でも一度気にしてしまうと気になって仕方がなくなる。
    他人の些細な言動に深く傷ついてしまう。
    驚いた時の反応が過剰で他人から大げさに見えてしまう。

 

  • 共感力が高い(Empathy and emotional responsiveness)
    他人が怒られるところを見ると自分も怒られているように感じて傷つく。
    悲しいニュースや映画などに登場する人物に感情移入し、悲しい気持ちになる。仕事で他人の機嫌を伺い過ぎて人に聞けず、自分の仕事が出来なくなる。
    相手の愚痴を聞くと自分まで暗い気持ちになってしまう。

 

  • 些細なことに気づきやすい(Sensitivity to subtleties)
    相手のちょっとした仕草や声で相手が怒っているのか、退屈なのかなどが分かる。
    他の人が気づかない細かいところに気がつく。
    パソコンのキーボード音、時計の音などの小さな音にも敏感に反応していまい、作業に集中できない


これら4つの英文の頭文字を取り、DOES(ダス)と呼びます。

 

エンパスの場合

エンパスの特徴の多くは非科学的に考えているものが多いです。人や動物、モノなどの科学的には説明できないようなエネルギーに反応してしまい、それが日常生活に支障を受けてしまうことを指します。空気を読むレベルが全く違います。

 

  • 土地や場所などの悪いエネルギーを受け取ってしまう
  • 心霊スポットなどの霊的なものに反応し、自分の感情に影響を受けてしまう
  • 人の話を聞いて、一度も行ったことないのにまるで行ったことのあるかのように感じてしまう。
  • ネガティブな投稿を見ると、自分も落ち込んでしまう。
  • 残酷なニュースを見ていられなくなる。
  • 猫や犬などのペットの気持ちが何となく分かる。
  • 人に相談を受けると自分もその悩みを抱えているかのように感じ、共感してしまう。

HSP・エンパスの人がラクに生きるための5ステップ

HSPとエンパスの特徴がわかり、自分はHSPやエンパスかも!と分かったのは良いですが、その後何をすればラクに生きることができるかで悩んでしまう人多いと思います。

 

この項ではHSPやエンパスの人がラクに生きる方法を5ステップで解説します。

 

改善したいテーマを決める

自分の今の生活の中の何で悩んでおり、改善したいのかテーマを決めましょう。まずは悩みを明確にすることが大切です。漠然と悩み続けるだけでは何も改善されないので紙に書くなどして悩みを整理してみましょう。そしてその悩みをリストアップして改善したいテーマを決めましょう

  • 他人の気分に左右されるのを何とかしたい
  • マルチタスクが苦手なのを何とかしたい
  • 音や光などに敏感に反応してしまうのを何とかしたい

現状把握と問題点抽出

上でテーマを決めたら、テーマに対して現状はどうなのかをまとめ、具体的な問題点をリストアップしてみましょう。

 

例:マルチタスクが苦手なのを何とかしたいというテーマの場合

  • 一度に複数の仕事を頼まれると処理できなくなる
  • 洗濯、料理、育児などやることが多すぎてイライラしてしまう

マルチタスクとは何のタスクで何で悩んでいるのかを明確にしていきます。

 

改善案

現状把握して問題点を抽出出来たら、それに対する改善案をリストアップしてみましょう。

 

例:マルチタスクが苦手なのを何とかしたいというテーマの場合

  • todoリストを作ってタスクを可視化させる
  • 1つずつ確実に処理をしていく
  • すぐに終わるものを後回しにしない

改善案の実現させるために目標を立てる

改善案が出たところで改善案に対しての目標を決めていきます。最初から高い目標にすると挫折してしまうため、1つずつ目標を決めましょう。

 

上のマルチタスクを例に挙げると、まずはTodoリストだけを作ってみることを目標にしましょう。その後、それを処理していくという流れで一度にやろうとせず1つずつ目標を立てて処理していきましょう。

目標を立てて進めていく

あとは決めた目標と改善案を用いて少しずつ自分のペースで進めていきます。

1つずつ確実に取り組めば大丈夫!

HSP・エンパスの違いについてのまとめ

今回は、HSPとエンパスの特徴、違いについてとラクに生きるための5ステップをご紹介しました。

 

まずは、HSPとエンパスの区別が理解出来たら嬉しいです。

 

あと、HSPやエンパスの気質をマイナスに捉えてしまいがちですが、他の人には持っていない貴重な気質とも言えます。他人には気づかないものに気づくことでそれが豊かな生活にさせてくれます。

 

この記事を参考に自分の特性を自信に変えて、生きづらさを解消していきましょう!!

 

Day23 仕事や勉強で1番大切だと思うこと

私が仕事で1番大切にしているのは、ワークライフバランスです。

 

仕事とプライベートを両立させることが大切と考えています。

 

仕事で体調崩して2回転職してしまった私から言わせると仕事優先は止めとけって思います。

 

たまに、仕事(バイト)○○連勤だとかTwitterで見るのですが、私は普通の人のように共感できないです。こんなツイートしてる暇あったら寝ろとか休めとか思いますね…なぜ自分の身体休めずにSNS優先するのかが謎です。(フォロワーさんに頑張ってとか言われたいのかわからないのですが…)

 

仕事もプライベートも充実した生活を送りたいです。

 

 

あと、勉強で1番大切にしていることは、切磋琢磨することです。

 

私は高校の頃、別クラスの人で自分と成績近くて同じ部活の友人がいました。

その人といつもテストの成績で競い合いながら切磋琢磨して勉強しました。

 

その結果、模試でD判定だった国立大学へ進学することが出来ました。

 

自分1人では勉強は挫折してしまうので、同じ道で頑張れる友人が1人でもいると違いますね!

今はオンラインでも気軽に友人が作れるのでそういった仲間を作って競い合いながら頑張れると成長ができると思います。

Day22 人付き合いで1番大切だと思うこと

私が人付き合いで1番大切にしているのは人付き合いで疲れないようにすることです。

 

他人優先で人付き合いを考えるのではなく、自分優先で考えることを大切にしたいと思います。

 

HSPの気質持っていると自分を犠牲にして相手に尽くす傾向があります。私もそうでした。

 

特に恋愛では彼女が私のこと嫌いにならないように彼女優先で付き合っていました。

 

それに依存し過ぎてちょっとすれ違いになると自分はダメなんだと悲観的になってしまって疲れてしまいました。

 

そこで彼女に依存せず、自分の好きな趣味をしつつ彼女と付き合うようにしてみました。彼女に執着しないで過ごした結果としてそれが上手く行って結婚することが出来ました。

 

一緒にいて疲れる人といても疲れるだけで長続きしないですし、どこかで我慢することになり、それがいつか爆発してしまいます。

 

疲れない人付き合いを心がけていきたいです!

 

Day21 これまでで1番のチャレンジ

一番のチャレンジは、結婚したことです。

 

実家暮らしからマンション暮らしになって、新生活が楽しみな反面、HSPの性格を持つ私が自分のことで精一杯なのに、相手のことまで見ていられるのか凄く不安でした。

 

結果的に今も仲良く過ごすことが出来て良かったです。

 

ただ、ここまでの過程にはいろいろありました。

 

結婚した後、仕事が激務になってしまって、結婚生活のストレスも重なって、体調崩して辞めてしまったり...

 

収入が少ないのに支出は増えてしまって、お金のコントロールが上手くできず、借金が膨大になってしまって個人再生をしてしまったり...

 

妻には迷惑かけてしまったのが本当に申し訳ないです...

 

今では仕事は安定して、体調も心療内科に通院はしているものの上手くコントロール出来るようになりました。

 

失敗してしまったことあるのですが、今の妻と結婚する選択をして良かったです。

Day20 これまでで1番の後悔

いろいろ後悔したことはあったけど、特に後悔したことは、最初の会社をすぐに辞めるべきだったということ。

 

 新卒で初めて入った会社で最初の研修は良かったけど、正式に配属された先の職場の雰囲気めっちゃ悪くて、何も経験ないけど直感でこんなところで働きたくないなと思った。

 

会社見学では本社の方しか見られなかったので、ちゃんと自分が希望する配属先の職場も見ておくべきだったと後悔した。

 

新卒ですぐに辞めるのは転職でかなり不利になるし、親がそれを許してくれそうになかったから何とか4年続けたけど、評価は悪かったと思う。

 

いつも同期と比較されていたし、私自身もその同期の仕事姿見てて何で私は出来ないんだろうとか、ダメな人間だとずっと思っていた。

 

最終的には不安障害になって引き継ぎも何も出来ずに辞めてしまったけど、最初の会社でもし、すぐに見切りつけて辞めていれば、心療内科へ通院することもなかっただろうと思った。

 

高校生までは、勉強さえ出来ていれば前に進められたけど、大学生から段々コミュ力重視になってきて社会人は、勉強なんて出来たって全く評価されない。コミュ力さえあれば評価されるように感じる。

 

学生→社会人にいかにスムーズに馴染めるかで人生が決まってしまうと思う。新卒も一度道を外れてしまうともう普通の人のように稼げない。

 

一度失敗した人でもチャンスができる世の中になって欲しい。

 

 

自分があまり賛成できない常識

常識というより流行寄りになっていますがまとめてみました。

 

○他の人達はやっていて自分だけしてないことで注意されること

 

○空気読まなきゃいけないこと。言われなくても察しないといけないこと

 

○鬱は甘えだという考え

 

○若いから...といって役などを勧めてくる風潮

 

○脱プラスチック、特にストローが紙に変わること

 

○レジ袋有料化。レジ袋の素材で無料化する謎仕様。

 

○投資は危険だという考え

 

○一度世の中の普通の人が進む道を外れると再復帰しづらい。失敗を許さない。

 

○SDGsが全て正しい

 

○新聞やテレビが信用できるメディアという考え

 

○ごく一部の人のマナー違反で残り大多数の人が不便を強いられる

 

○映画やドラマが感動ものばかり

 

○始業時間がどこも8時台。分散させない謎

 

○就活の新卒重視。新卒の進路で人生変わる

 

○駅構内のエスカレーターで左右どちらかに寄らないと邪魔者扱いされる

 

○ミニバン人気。あんなデカい車は運転しにくい

 

○お金は苦労して稼ぐのが美徳な社会

 

○我慢することが美徳な社会

 

○キャッシュレス専用レジ

 

○キャッシュレスしか支払えないお店。現金だけだと詰む

 

○役所が平日しか空いてない

 

○銀行が9-15時しか空いてない

 

○レディースデーはあるのにメンズデーが少ない

 

○どこの会社もコミュニケーション能力が求められること

 

○週5日の8時間勤務

 

○仕事は3年続けろということ

 

○私が最初にレジで会計すると、次々と人が並んでくる

 

○伝統に拘りすぎている

 

○昨今のダイバーシティの観点からいうと、個々の性格・個性も重要なのに、理解度が低い

 

○HSPを性格の1つで片付けられてしまうこと

 

○住民税非課税世帯ばかり補助する政策。ちゃんと税金納めている中間層に対する見返りが全然ない

 

○シルバー民主主義な社会

 

○田舎の道路に某野党の政治ポスターが景観ガン無視して建てられている

 

○声のでかい少数派の声で変わる社会

 

○優しい人が損する社会

 

○正直な人が損する社会

 

○レベルの高い達ではなく、低い人達に合わせたがる社会

 

常識って一体誰が決めているんでしょう。

 

皆がやっているから、常識だとしたら私はちょっと疑問に思います。

 

ひと昔まで常識ではなかったことが常識になることありませんか?

 

常識なんて年が経つと変わってくるものですから今の常識に捉われない生活したいです。

 

自分が好きだと思うタイプの人

○フラットに接してくれる人

男でも女でも年齢が違ってもフラットに接してくれる人が好きです。

 

プライベートで使用しているTwitterでは、藍井エイルさん繋がりのフォロワーさんが多いですが、年令や性別関係なくツイートなどやり取りしてくれる人が好きです。

 

女子しか絡まないとかそういう閉鎖的なつながりの人は合わないですね・・・

 

○優しくて気が利いて、的確にアドバイスしてくれる

今まで、会社の上司でこんな人になりたいという人全然いなかったのですが、今の会社の上司が優しく、話しやすくて定期的に困った事を聞いてくれてありがたいです。

 

HSPの傾向がある自分はなかなか人と話すの上手くできず、悩んでしまうのですが、こういう人だと話しやすくて良いです。自分もこうなりたいと思います。

 

○思いやりのある人

リアルでもネット上でも思いやりを持って行動できる人が私は好きです。